スタッフ不足での高血圧患者数が増える中でノルバスク

現代日本にとって、高血圧症は国民病とも言うべき存在になっています。
高血圧症の患者数は、毎年、増加の一途をたどっています。
自覚症状がほとんどないため、知らないうちに取り返しのつかない重篤な疾病に冒される危険性を秘めているのです。
サイレントキラーと呼ばれるゆえんです。
もともと、日本人の食生活が塩分過剰なところにも、高血圧症が多い原因があります。
国際的に見て、多くの塩分を摂取しているのは事実です。
塩分を多く含む味噌や醤油、漬け物などを好んで食して来た上に、昨今では、加工食品や外食による塩分摂取が加わってきました。
ちなみに、厚生労働省は、日本人の食塩相当量摂取の目標量を、男性で8.0g/日未満、女性で7.0g/日未満としています。
ます。
WHOでは、その約半分の6g/日未満を推奨しています。
現在、現場での医療スタッフ不足の現状を考えると、減塩の食生活を普及させることで、高血圧に悩む患者数を減らすことは急務であると言わなければなりません。
また、投薬治療も有効です。
ノルバスクは、血管を広げ血流を良くすることで、優れた効能を発揮する薬です。
現在、医療の現場では、まず最初に処方される薬がノルバスクなのです。
スタッフ不足の現状で、ノルバスクが有効に作用して高血圧の患者数を少なくしていっていることは、非常に意義が大きいことです。
ノルバスクは、副作用がほとんどない点も、高く評価されています。
安心して処方できるので、医療現場では積極的に使われているのです。
また、ノルバスクは、1日に1回飲めばいい薬ですので、薬学の知識が不足している患者であっても、朝食後とか、夕食後とか、一定のタイミングで服用すればいいだけなのです。
食生活と生活習慣によって、高血圧を改善していくことで、快適な生活を送ることが可能になります。

ページの先頭へ戻る