• アテローム性動脈硬化で血圧が高めの人にノルバスク

    2016年9月24日

    アテローム性動脈硬化は、血管内を流れている白血球と血管内皮細胞の相互作用によって起こると考えられています。具体的には、白血球の一つである単球が刺激により血管内皮細胞に付着して炎症が引き起こされます。単球はマクロファージとなり、コレステロールを含むたんぱく質を取り込み、内皮細胞に脂質を蓄積させこれによ...

    記事の続きを読む